専門家のマンツーマン施術で、憧れのツヤ髪をあなたにも。東銀座駅徒歩1分

銀座の縮毛矯正と髪質改善の専門美容師

パーマ基礎 パーマ

【LEVEL 2】ストレートパーマ1剤塗布

更新日:

 

 

こちらで解説するのは【ストレートパーマの一剤塗布】です!

 

ストレートパーマ、縮毛矯正はウェットの状態から

1.一剤塗布→10〜20分程放置

2.流し

3.ドライ

4.アイロン操作

5.二剤塗布→5〜10分程放置

6.流し

7.仕上げ

という手順になり、こちらのページでは1の1剤塗布のテクニックになります。

ストレートパーマの1剤は基本的に根元を少しあけて塗布していきます。(2剤は別)

根元に強く薬剤が反応してしまうと、伸びてきた時に折れて髪が生えてきて不自然な跡が残ってしまうからです。

弱い薬剤ならば大丈夫だと思っても、基本的にはギリギリまで攻めますが、根元を少しあけて塗布するのがおすすめです。

 

 

 

 

難易度は【LEVEL 2】ストレートパーマの工程の1つです。

 

ゼロから学べる美容師アカデミアでのパーマ理論の基礎をまだ読んでない方はこちらから

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

それでは手順を解説していきます☆

 

 

 

 

1 バックから塗布していきます

基本的にバックの方がクセが強いのと、髪も太いので先に塗布します。

他にクセが強い所がある方の場合はそこから塗り始めるのもありです。

パネルをアップステムにして根元を少しあけて塗布していきます。

根元付近が薬剤が塗りづらいのでしっかりと塗ります。

バージン毛で全てクセを伸ばす場合は先まで伸ばします。ダメージレベルによっては時間差で塗布したり、根元のリタッチの場合は毛先は伸ばしません。

2 

バックが完了したらフロントも塗ります。

根元につけたくないのでしっかりとアップステムで塗布していきましょう。

 

この作業を繰り返して全て塗布したら完了です。

 

 

 

 

ポイントの復習・まとめ

・根元を少しあけてアップステムで塗布する

・毛先を塗布するかは場合による

 

 

 

ポイントを抑えれば美容技術は難しくありません♪

 

楽しみながらレベルアップしていきましょう☆

 

 

ストレートパーマ一剤塗布の全行程が見れる動画はこちら⬇️

 

Copyright© 銀座の縮毛矯正と髪質改善の専門美容師 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.