専門家のマンツーマン施術で、憧れのツヤ髪をあなたにも。東銀座駅徒歩1分

銀座の縮毛矯正と髪質改善の専門美容師

カット基礎 カット ボブ

【LEVEL 1】切りっぱなしボブ【カット】

更新日:

 

 

こちらで解説するのは【切りっぱなしボブ】のカットです!

 

このスタイルは

・カジュアルなボブにしたい

・巻くからシンプルなカットが良い

・トレンドのヘアスタイルにしたい

方におすすめのカットです

 

切りっぱなしボブはあまり緻密にカットしすぎないこともポイントです。

細かくカットすればいいというものではなく、このデザインの場合はあえて行程を少なくして切りっぱなし感を演出しています。

例えば人気の海外モデル、カーラ・デルヴィーニュなども切りっぱなしボブですね。

カットテクニックはそれほど必要ありませんが、おしゃれと手抜きのギリギリを見極めるセンスが必要になります。テクニック的には難しい事はないので、ひとまずカットしてみましょう!!

 

難易度は【LEVEL 1】見ればすぐにできます!まずはやってみましょう!!

 

ゼロから学べる美容師アカデミアでのカット理論の基礎をまだ読んでない方はこちらから

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

それでは切りっぱなしボブ手順を解説していきます☆

 

 

 

 

1 セクション①をワンレングスにカット

セクション①からコームテンションでワンレングスをカットします。

指で持たずにカットすることで、余計なテンション、グラデーションが入りません。

ワンレングスのラインをカットする時にはまずこの切り方でチャレンジすれば大きな失敗はまず無いです。

大切な事は、右と左の長さをチェックしながら切り進め、左右対称にする事です。

 

その後指でパネルを持ってラインをチェックします。

切りっぱなしボブと呼ばれるものは基本的にブラントカットで作るワンレングスのボブになりますので、丁寧にワンレングスをカットしましょう。

 

2 セクション②、③もワンレングスにカット

セクション②のサイドに繋がる部分があがりやすいのでテンションをかけないように、やはりコームテンションでカットします。

最初から指で持ってカットすると乾いた時にサイドに穴が空きやすいので注意しましょう。

 

その後は両サイドの長さが合えば特に気をつける事はありません。

 

下画像のように③はラインにも影響しないので指でもってカットして大丈夫です。

 

 

3 毛先の質感を調整する

切りっぱなしボブの場合は巻いて仕上げる事がほとんどだと思うので、スキマ感を出す等毛先の質感を調整していきましょう。

 

質感の出し方で最初は迷うかもしれませんが、作りたい質感によっても、お客様の毛量、髪質によっても使うテクニックは変わってきます。

だからといってそんなに難しく考える必要も無く、単純に一パネルごとに理想の髪の動きを作れば良いだけです。

 

表面に動きが欲しければトップのカドをとっても良いですし、いらない場合はそのままで大丈夫です。

以上でカットは終了になります。

 

切りっ放しボブの王道パターンとしては外ハネに巻くか、ストレートのままブラントラインを見せるか、ですね。

こちらは外ハネに巻いた状態になります。

 

 

切りっぱなしボブ ポイントの復習・まとめ

・カットはシンプルに!

・テクニックよりも長さやバランス等に合わせにこだわる

 

 

 

 

 

ポイントを抑えれば美容技術は難しくありません♪

 

楽しみながらレベルアップしていきましょう☆

 

 

切りっぱなしボブの全行程が見れる動画はこちら⬇️

 

Copyright© 銀座の縮毛矯正と髪質改善の専門美容師 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.